20年以上の歴史

合宿免許で免許証を取得する場合、いまではいろんな観光地で取得することができます。観光がてら行ってみたかった場所に数週間過ごし、平日は授業や実技を行い週末には観光などを楽しむことができます。最近ではこのような施設が増えてきました、昔は今ほど合宿でとる人が限られていました。早生まれの誕生日で卒業までに取得できる時間が短い人、大学生で夏休みや春休みなど長期の休みを利用する人などがあげられます。高校生の場合は学校によって許可される時期が決まっていることもあり、取得までに時間がないという人もいます。特に田舎などでは、卒業後に就職した場合は移動手段として車が必須になるところが多いです。そのため車社会が当たり前の地域では合宿免許を行っているところが多いです。

長いところでは20年以上合宿免許を行っていることもあり、女性専用のシングル部屋の確保やデザートバイキング、観光施設への自転車の無料貸し出し、フィットネスルームや漫画やインターネットの施設など充実した合宿生活を送ることができます。未成年の場合は特に生活環境を気にする親御さんも多いため、安心して合宿免許を取得できる環境が整っています。期間内で集中して免許も取得でき、料金などもいろんなプランが用意されています。

参考資料《免許合宿の口コミや免許合宿の裏技が満載 免許の匠
…全国90校以上の自動車学校の免許合宿プランをご紹介している合宿免許総合サイト

 

設備の完備と早期取得

車の免許の取得には時間がかり、実技がクリアできないのではと不安に感じている人が多いでしょう。そんな人におすすめなのが合宿免許です。運転免許証を取得するためには教習所に通う必要があります。通う場合は自分でプランニングする必要があり、込み合っている時期になると実技のキャンセル待ちなどをしなくてはいけません。そのため実技の期間があいてしまい、なかなか運転技術を身につけるのが難しくなってしまう人もいます。

合宿免許の場合は、14日から16日という短期間で取得できるようにプランニングされています。実技なども優先的に受けることができ、学んだことを忘れることなく、すぐに次のステップに進むことができます。プランの中には実技の無制限のコースなどもあるため、運動神経や運転に自信がないという人でも安心して合宿免許を選択できるようになっています。一人や友達同士との参加、カップルで参加する場合でも設備は充実しているため、日常生活に困ることはありません。週末には普段と違って、合宿で知り合った仲間と一緒に観光を楽しむこともできます。時間に制限がない人は、オフシーズンで料金が安い時期を狙うこともでき、シーズン中でも早期予約や遠方の観光地なども選択できます。なかには教習所までの交通費などを一部負担してくれるところもあるため、いろんな場所を選択肢に入れてみましょう。

合宿免許の利用

日本では交通手段の一つとして車を活用する人が多いです。都心では車がなくても生活が可能ですが、田舎や市街地では車が移動手段として不可欠になっています。将来どのような生活環境になるのかわからないため運転免許証の取得はとても大事です。就職活動などでも営業職の場合は運転免許証が必要なところも多いです。運転免許証を取得するためには時間とおお金がかかるというイメージが強いでしょう。しかし2週間から3週間の時間を確保することができるのであれば、短期間で運転免許を取得することができます。

通常免許センターで免許を取得するためには自分で必要な学科や実地の日程をプランニングしていく必要があります。授業の日程が教習所で決められているため、その日に日程を合わせていく必要があり、どうしても予定がうまく合わなくなってしまうと時間ばかりがたってしまいなかなか先に進むことができません。せっかく覚えた勉強や運転技術も時間がたつほど忘れてしまうため、試験などではどうしても不利になってしまいます。そう言った不安を感じることなく、短期間で免許証を取得できるのが合宿免許の魅力です。

合宿免許を20年以上行っている教習所などもあり、施設や環境もとても充実しているところが多いです。合宿免許を利用する年代が高校卒業予定の学生や大学生なども多いため、実績が多い教習所ほど、よりよいサービスを心がけています。小旅行気分で、今までとは違った環境で免許証の取得もおすすめです。短時間で行うからこそ充実した時間を過ごすことができます。